大阪での一人暮らしにかかる費用はどのくらい?引越し・生活費の相場や費用を抑えるポイントを徹底解説!

一人暮らしを始める際には、まず引越しの準備が必要です。大阪でその際にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

そこでこの記事では、大阪での引越し費用の相場と費用を抑えるポイントを紹介します。大阪での一人暮らしを始める方は、参考にしてみてください。

目次

引越しの際にかかる費用はどのくらい?

大阪には多くの魅力があり、一人暮らしをしている人も多いです。しかし、引越しの際には費用がかかるため、事前にしっかりと計画を立てる必要があります。

それでは、大阪での引越しの際にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

ここでは、大阪の引越しの際にかかる費用について初期費用、1Rの家賃相場、1Kの家賃相場などを紹介します。

初期費用

新しい家に移る際には、初期費用が必要になります。

まずは、敷金・礼金や保証金があります。1Kの場合は約1ヶ月分程度が相場で、敷金・礼金が2ヶ月分、保証金が1ヶ月分と考えておくと良いでしょう。また、前もって必要な家具や家電製品、インターネットや電気・ガスなどの引っ越し手続きも含まれます。

1Rの家賃相場

大阪での一人暮らしの場合、1Rの賃料相場は4万円前後が一般的です。ただし、立地や周辺環境、物件の大きさなどで変わるため、自分のニーズに合わせて探すようにしましょう。

また、賃料が安い場所は共同住宅や学生向けのマンションの場合が多いので、賃貸契約の条件をしっかりと確認することが大切です。

1Kの家賃相場

1Kの場合6万円前後が相場ではありますが、1Rに比べて広い家に住める可能性が高いです。また、水道光熱費やインターネット回線などは、1Rよりも高くなる傾向があるため生活費の見積もりもする必要があります。

引越し費用

引越し業者によって料金が異なりますが、大阪での一人暮らしを始める際にかかる費用はトータル30万円前後が相場です。この費用には引越し業者の料金だけでなく、不動産仲介手数料や敷金・礼金、家電や家具などの買い替え費用も含まれています。

最近では、引越しの際に不用品を処分して引越し費用を抑える方法も人気です。引越し業者の選び方については、事前に複数の業者から見積もりを取り、料金の比較をすることが重要です。また、業者の信頼性についても確認することが大切です。

ネット上には、口コミや評判を確認できるサイトもあるため、事前に調べておくようにしましょう。

家電・家具費用

新品の家電や家具を揃えると、大きな負担となる場合があります。中古品やリサイクルショップでの購入、オークションやフリマアプリでの購入など、節約方法もたくさんあります。

特に、大型家具や家電は、引越し時の搬入や持ち運びが大変です。引越し業者に依頼することになるため、費用がかかることが多いです。

そのため、すでに持っている家具や家電を再利用したり、必要最低限の家具や家電から揃えたりすることも考えましょう。

引越しの相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからお気軽にご連絡ください。クロスエステートのスタッフがまずはご相談に乗らせていただきます。

毎月の生活費はどのくらい?

生活費についての見積もりをしておくことも重要です。

大阪での一人暮らしは都市部での生活になるため、交通費や食費、光熱費などの支出がかかります。公共料金の支払いや生命保険などの必要な支出もあるため、事前に計画的に費用を見積もり、収支を把握しておくことが大切です。

社会人

大阪での新社会人の生活費について、最初に考慮しなければならないのが家賃です。大阪市内で1Kや1DKの賃貸アパートを探す場合、相場は月額6万円前後となります。

スーパーでの食材費は、1人分で月額2万円程度が相場となります。また、週末には外食も楽しみたいものです。外食の相場は1回あたり1,500円〜2,000円程度です。合わせて1ヶ月あたり10,000円程度を予算に考えておくと良いでしょう。

その他の生活費について、交通費は月額5,000円程度が相場です。また、光熱費は1人暮らしの場合は月額1万円程度が目安となります。

携帯電話やインターネットに関しては、大阪は競争が激しいため多くのプランがあるため、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。

新社会人はあらかじめ生活費用を貯金しておくべき!

新社会人は、初めて一人暮らしを始めることもあり、生活費用がいくらか把握しきれない場合があります。そのため、あらかじめ必要な生活費用を算出し貯金しておくことが重要です。

まずは、初めての一人暮らしに必要な最低限の費用を把握して、その上で積立貯金によって貯金に取り組むことがおすすめです。

家賃を抑えれば生活費に余裕が出る!

大阪での生活費を抑える方法として、家賃を抑えることが挙げられます。一人暮らしを始めるにあたって、自分に合った物件を探すことが大切です。特に、少し郊外の物件を探すことで家賃を抑え、生活費に余裕を持つことができます。

また、ルームシェアやシェアハウスを利用することで家賃をより抑えることができます。これらを上手に使って、生活費を抑えましょう。

学生

大阪には多くの学生がいるため、一人暮らしの場合には毎月の生活費用について確認する必要があります。そこで、大阪での毎月の生活費用について、学生の場合で考えていきましょう。

アルバイトの相場は?

大阪でのアルバイトの時給相場は約1,000円〜1,500円程度とされています。ただし、学生さんが主に行うアルバイトは、飲食店やコンビニエンスストアなどでの接客業が多く、その場合は時給が若干低めになる傾向にあります。

仕送りなしで一人暮らしは可能?

大阪での一人暮らしは仕送りなしでも可能ですが、そのためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

大阪市内では、1Kの賃貸物件で月々の賃料が4万円〜7万円程度であるものが多いです。水道光熱費や通信費、食費などを含めて、月に10万円程度の生活費が必要となります。生活費を抑えるために細かいところまで節約することが大切です。

外食はお金がかかるので、自炊をすることで食費を抑えることができます。また、食材の購入に際しては、安売りを狙ってスーパーなどで購入することも大切です。

しかし、アルバイトで働いている学生の場合には収入が大きく増えることは難しいため、仕送りをもらえることが望ましいです。

それぞれの費用を抑えるポイントを解説!

初期費用や毎月の生活費を抑えるポイントをチェックしましょう。

初期費用を抑えるポイント

大阪での一人暮らしに必要な初期費用は、物件探しにかかる費用や敷金礼金、家具家電などの家財道具の購入費用が含まれます。

以下に、初期費用を抑えるポイントを解説します。

仲介手数料が安い不動産会社を選ぶ

不動産会社によっては、仲介手数料が高くなる場合があります。

そこで、仲介手数料が安い不動産会社を選びましょう。また、物件探しに時間をかけることで、初期費用を抑えることができます。

礼金なし、フリーレントなどの物件を探す

物件探しの際に、礼金なしやフリーレントの物件を探すことも大切です。特に、大手不動産会社では礼金が必要な場合が多いため、不動産会社や地元の不動産屋さんで探してみると良いでしょう。

生活費を抑えるポイント

ポイントを抑えて無駄な出費を減らすことで、生活費を抑えることができます。

以下に生活費を抑えるポイントを解説します。大阪の一人暮らしを楽しむために、ぜひ参考にしてください。

会社の福利厚生を最大限駆使する

会社の福利厚生を最大限駆使して、生活費を抑えましょう。

例えば、社員割引のあるスーパーで買い物をする、健康保険や年金を会社で加入するなど、節約につながる方法があります。

電気代の安い会社を選ぶ

一人暮らしには、光熱費も重要な費用です。できるだけ安い電気会社を選びましょう。

また、節電にも努めて、電気代を抑えることが大切です。

携帯を格安会社のものにする

一人暮らしには、携帯代も大きな費用の1つです。できるだけ、格安会社の携帯電話にしましょう。

また、必要以上に通話やインターネットを使わないようにし、使用量を抑えることが大切です。

まとめ

大阪での一人暮らしにかかる費用は、引越し費用や家電・家具費用など、多岐にわたります。生活費を抑えるためには、細かいところまで節約することが大切です。

事前にしっかりと計画を立て、費用を抑えることで生活を充実させることができます。自分のライフスタイルに合わせた生活費の管理をしっかりと行い、一人暮らしをエンジョイしましょう。

引越しの相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからお気軽にご連絡ください。クロスエステートのスタッフがまずはご相談に乗らせていただきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆様に支えられ、弊社は今年で10年目を迎えます。今まで多くのお客様のお部屋探しを担当させていただきましたが、初心を忘れず、お仕事をご依頼いただける喜びを感じながら日々お客様対応をさせていただいております。お客様のお声に耳を傾け、お客様の目線に立った提案でお部屋探しをサポートいたします。

お部屋探しのご相談・お問い合わせ

ご相談、内覧予約は電話か問い合わせフォーム、
もしくはLINEにて承っています。
お気軽にご連絡ください。